医療脱毛で使用する機器にはいくつか種類があります。
現在最も採用されている機器はダイオードレーザーというものです。

導体を使用したレーザーで、皮膚を冷却しながら照射を行います。
各レーザー機器のなかでも最も出力が高いので、産毛やひげの脱毛にも効果が見込めます。

照射と同時に冷却装置で肌を冷やすので、痛みの方は比較的少なくて済みます。
アレキサンドライトレーザーは、その名の通り、アレキサンドライトという宝石を使用しています。

冷却ジェルは使用せず、照射と同時に冷却ガスを発射することで皮膚を冷却しています。
脱毛後は毛穴が引き締まり、つるつるすべすべの美肌になるというおまけ付きです。

ヤグレーザーはヒゲの脱毛にお勧めです。
ロングパルスレーザーを使用することにより、毛根の深いヒゲの脱毛に高い効果があります。

波長が長いことによりメラニン色素に吸収されるエネルギーは少なくなってしまうので脱毛効果がやや弱くなりますが、その分、皮膚への影響が少なくて済みますので、デリケートラインの脱毛に向いています。

ダイオードレーザーとヤグレーザーを併用しているクリニックも多いので、部位によって使い分けるという選択肢もあります。

処置の際に発生する痛みについてですが、これは人によって違います。
思ったよりも大丈夫だったと言う方もいれば、すっごく痛かったと顔をしかめる方もいるようです。

レーザー出力を弱めれば痛みは軽減しますが、そうすると脱毛効果も弱まってしまうので、痛みに弱い方は医療脱毛よりも脱毛サロンの方がいいかもしれません。