脱毛を考える方は、その前にパンフレットなどを集めたりすることがあると思います。
そのパンフレットにはよく「永久脱毛」という言葉が書かれているのではないでしょうか。

やはり脱毛をするなら永久脱毛を目指したいと思うのが普通です。
しかし永久脱毛とは、言葉通りに「永久」とは限りません。

永久脱毛をしたからといって、半永久的にムダ毛が生えてこないということはないのです。
永久脱毛の定義は「脱毛処置が終了してから、1ヶ月後の時点で毛の再生率が20%以下の場合」ということになっています。

つまり再生率が20%以下ならば永久脱毛としては許容範囲ということですね。

これは米国電気脱毛協会の定義として扱われていますが、定義そのものはクリニックや脱毛サロンでも異なります。
「最終施術後、6ヶ月以内に毛の再生が見られなかった場合」と定めているところもあり、永久脱毛についてはその定義を詳しく調べることが重要と言えるでしょう。

6ヶ月の場合は出力の高いクリニックでの永久脱毛を指すときに使われます。

絶対確実な永久脱毛、二度とムダ毛の生えてこないお肌に、などというのはとりあえず現状では夢物語に過ぎません。
体質などによる個人差もありますし、施術手法による差もあります。

一時的に綺麗に出来るのならばそこまで確実な永久脱毛にはこだわらない、という方は脱毛サロンを、多少の痛みと料金を伴ってでもより確実な永久脱毛を行いたいという方はクリニックでの脱毛をお勧めします。

やはり機器の出力が違いますので、効果の違いも大きいようです。